隠語

警察取材の経験が長かったことから、若い記者に「何か話してほしい」と頼dream beauty pro新聞まれ、警察の隠語を取り上げたことがあった。①駆け出しのころ、刑事との会話で「サンズイ」を汚職の意味と知らずに失敗した苦しい経験があったからだ。  刑事を指す「デカ」は、明治時代の刑事が着ていた和服の「角袖」が語源で、「カクソデ」を反転省略dream beauty pro新聞した。「コロシ」(殺人)、「ホシ」(犯人)はドラマ でおなじみ。発生当初から犯人が分かっている事件は、「元から割れている」という意味の「牛の爪(つめ)」など、最近の若者言葉とは無縁だが、「へえ」と いうのも。  ②捜査に使う隠語を集めた「現代隠語用語辞典」(東京法令出版)には、「犯罪集団の隠語Dream beauty pro新聞を知らなければ、警察官としての責任を全うすることはできない」と③書かれている。  性風俗や暴力団関係の用語が多いことから、説明の最後に「相手を選んで使うように」とくぎを刺しておいた。  あれから3年。後輩記者たちは、隠語を駆使してデカに肉薄しているだろうか。