盂蘭盆(うらぼん)

8月には学生は夏休みになりますが、日本では社会人やその家族達hifu效果も短い休みを行います。それはちょうどお盆が8月にあり、そのために大勢の人が田舎に帰るからです。   お盆はまた盂蘭盆と呼ばれ、日本でお正月に次ぐ大きな行事です。もとは仏教の行事でした。うらぼんはUllabanaの音訳を略称したもので、本意は「倒懸(逆さづりの苦)」と訳し、この倒懸の苦を救うために法会を行うのでした。「盂蘭盆経」等によると、目連尊者が餓鬼道に落ちた母の苦を、仏の教えにしたがって、7月15日(旧暦)に種々の食べ物を供え、この供養で親の苦を救ったと言われています。   この行事は古くからインドや中国で行われていましたが、日本でも飛鳥(あすか)時代から始まっています。後に広く伝わり、精霊棚を飾り、迎え火送り火を焚いて先祖を祭る日本独特の年中行事となりました。いまでは8月13日前後に先祖の霊を迎え、3日間家族康泰と生活し、16日に送り火であの世に送り返します。京都の大文字焼きはこれら行事の最高でしょう。   日本では自分の故郷を離れて外地で働いている人が多いので、この期間を利用して来各地から故郷に帰ります。先祖との再会と生きている人々の団欒が一緒になったと言っても過言ではないでしょう。中国の風習から見ると、清明と春節が一緒に来たようです。それで皆が自分の故郷に移動するので、「民族大移動」と言われ、大都会の東京などは一時寂しくなります。   お盆の付き物は盆踊りです。盆踊りは本来地獄の亡者の喜びを表わすものであったのですが、今は各地の特徴のある民間踊りとなりました。夏の夜、太鼓の音に合わせて村の全員が輪になって踊るのは、この時期全日本の各地で見られる風景画私家看護です。   お盆が済むと、そろそろ秋になり、台風がやって来る季節になるのです。